骨移植で治療を可能に

骨移植でインプラントを可能に

インプラントの骨移植とは、歯周病によって失われた骨の部分に骨を移植する方法で、移植する骨の種類によって名称が変わります。 まず自家骨移植とは自分の顎などの骨を使う方法で、自分の骨を使うので安全性が高いと言われています。他骨移植とは死体から採取した骨や牛骨由来移植材などを使う方法で、大量に骨移植材が必要な時にメリットがあります。人工骨移植とは人工的に合成されたハイドロキシアパタイトなどを使う方法でこちらも大量に骨移植材が必要な時に対応可能です。 このようにインプラント治療をする際に骨が足りなくて治療できないと言われた人でも骨移植をすることによってインプラントの治療ができるようになりました。骨移植治療はインプラント治療の幅を広げています。

歯ぐきが薄い方でもインプラント治療が受けられます

新しい歯科治療として少しずつ広まっているインプラント治療ですが、歯ぐきに土台を埋め込む際に歯ぐきが薄いと土台を埋め込むことが出来ないため、インプラント治療は不可能だと言われています。しかし骨移植によって歯ぐきを厚くすることでインプラント治療が可能になりますので、歯ぐきの薄い方は骨移植の手術をした上でインプラント治療を受けるようにしてください。 骨移植に関しての情報はインターネット上にも詳しく掲載されておりますが、実際に歯科医院を訪れて医師の方に聞いてみるのが最適です。 骨移植にもある程度費用がかかりますので、インプラント治療と合わせてどれくらいの費用で治療を受けられるのかを事前に知っておいてください。

ページのトップへ戻る