第二の永久歯

デンタルインプラントの豆知識

インプラントとは、もともと治療目的で体に埋め込む医療器具のことを言います。しかし、今ではインプラントといえば歯科用のデンタルインプラントが有名です。 デンタルインプラントとは、失った歯の代わりに人工の歯を取り付けることを言います。入れ歯とは違ってしっかりと歯茎に固定されるので、違和感なく噛むことができ、天然の歯と同じように使用できます。 手術では、最初に顎の骨にドリルで穴をあけて、インプラントを埋め込みます。そしてその上にセラミックの歯をかぶせることで、自然な歯と変わらない見た目になります。デンタルインプラントは他の歯に負担をかけることなく治療できます。そして第二の永久歯として半永久的に使用できます。

医療費控除を申請しよう

インプラント治療は健康保険が効かないので、高額な治療費になります。インプラントは一本あたり30万円〜50万円が相場と言われています。そのため、本数が多くなると支払う医療費が100万円単位になります。 医療費をなるべくお得にする方法として、「医療費控除」の申請があります。年間に医療費を10万円以上支払った場合は、税金の一部が返金されるというのが医療費控除のシステムです。医療費の控除の申請は、税務署に行くとできます。インプラント治療を受けた際にクリニックでもらった領収書、通院する時に使ったタクシーやバスや電車などの公共機関の領収書等が必要です。手続を忘れたとしても過去5年間にさかのぼった分は申請の対象となります。

ページのトップへ戻る