様々な裏側矯正

裏側矯正の専門家とは

裏側矯正は「リンガルブラケット」と呼ばれ、歯の「舌側」または「裏側」に装着する矯正装置のことを指します。裏側矯正を行う専門家と言えば、当然ながら歯科医師です。全国には裏側矯正治療を受け付けている歯科医院が多いことから、矯正器具の中でも比較的ポピュラーと言えます。 裏側矯正の最大の特長は、その審美性にあります。従来の矯正器具、特に金属ブラケットは歯の表側に装着されることから周囲に矯正していることを気づかれやすい傾向にありました。また、矯正治療患者の大半が大人であることから、裏側矯正のような審美性に優れている器具は重宝されたのです。 ただし、歯の表面に装着するよりも困難なことから、裏側矯正を得意とする医師のもとで治療することをおすすめします。

審美性に優れた矯正器具

裏側矯正のように審美性に優れている矯正器具ならば、ハーフリンガルやインビザラインという治療法があげられます。 ハーフリンガルとは名前の通り、半分表側矯正で半分裏側矯正のことを指しています。基本的には、上の歯が周囲の人から気付かれやすいことから上顎が裏側矯正であることが一般的とされています。上下を歯の裏側に装着しないことにより、リンガルブラケットよりもコストがかからない治療法となります。 また、インビザラインとは透明の矯正マウスピースのことを指しています。透明で薄く、現在存在する矯正器具の中でも圧倒的に審美性が優れています。通常のマウスピースと同様に着脱可能なので、食事中に不快感を生じることがないのです。つまり、生活に馴染みやすい矯正器具と言えます。

ページのトップへ戻る